はじめてのキャッシング、とても不安なのはみんな同じです

あなたは、キャッシングに対してどのようなイメージを持っていますか?
ポジティヴなイメージですか?ネガティヴなイメージですか?
でも、どちらのイメージも、正解でもあるけれど間違いでもあります。
キャッシングというのは、正しく使えばとても素晴らしいシステムですし、甘えた使い方をすれば厳しいペナルティが課される。
それだけのことです。
そして、あなたは正しいキャッシングの使い方をすればいい。
それだけのことです。

初めてキャッシングをするときには、様々な気持ちが交錯すると思います。
でも、そんな思いは、あまり意味のないこと。
というのも、キャッシングなんて、誰でもみんな普通に行っていることだからです。
日本のキャッシング人口は約2000万人。
なんと、終了人口の25%は何らかの形でお金を借りている、と言われています。
それだけ多くの人がキャッシングを行っている。
そして、ほとんどの人がキャシングのお金を正しく運用し、きちんと返している。
そう、キャッシングのお金はきちんと返しさえすれば、社会的な地位が脅かされることはありません。決して。
だから、はじめてのキャッシングで不安になる気持ちは、本当によくわかりますが、恐れることはなにもないのです。
最初が不安なのはみんな同じ。でも、実際に行なってみれば、なんだこんなもんか、と思われるでしょう。
繰り返しますが、キャッシングは決して恥ずかしくないです。みんな普通に行なっていることなのです。
どうですか?不安は少し軽減しましたか?

はじめてのキャッシングの前に

はじめてキャッシングする時は、不安もありますし、緊急性もありますし、とにかくまずはお金が必要という緊急事態になっている可能性もありますし、
冷静な判断ができなくなっている可能性があります。
そして、冷静な判断ができない状態でお金を借りるのはとても危険です。
まず最初に、一呼吸おいて、自分の頭をクールダウンさせて下さい。
まず最初に、キャッシングで借りるお金の限度額を自分で決めましょう。
これをしないでお金を借りると、次第に首が回らなくなっていく可能性がとても高いです。
1万円や2万円なら、たいした金額でないから大丈夫、と思っていると、いつの間にかそれが10万、20万に膨れ上がっていってしまう。
よくあることです。
ですから、月に返せるお金の金額を決めて、それ以上のお金はどんなに苦しくても借りない、という決心を固く決めて下さい。
お金にルーズな人は、キャッシングには向いていません。

次に、どこで借りるか、お店を選んでみてください。
これは、とても重要な事です。
なぜなら、キャッシングにおいては、できるだけ1ヵ所だけと取引をするべきだからです。
キャッシング会社は、複数の会社からお金を借りている人を極端に嫌います。
1軒目でお金を借りて、他のお店でもお金を借りようとすると、借入限度額が削られたり、最悪審査落ちしたりします。
ですから、複数のお店と契約するのではなく、できるだけ1つの会社に絞るべきなのです。
そうなると、選ぶ会社は厳選されなければいけませんが、ここでひとつアドバイス。
最初のキャッシングは、できるだけ「審査の厳しい」ところを選びましょう。
「え?審査の甘いところを選ぶほうがいいんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、そうではありません。
審査の厳しい会社は、自社の与信システムに相当自信を持っている証拠。それだけしっかりした経営基盤があるのです。
そうした会社と取引すれば、金利の面でも、その他のサービスの面でも、とても充実しているので、いい加減な会社と取引するよりも、はるかに有利で気持ちのよい取引ができます。
たとえその会社が審査に厳しくても、はじめてのキャッシングで、これまで金銭面で事故を起こしたことがない人、そして定職についている人であれば、まず審査は落ちません。
後々の事を考えると、審査の少し厳しいかな?と思うぐらいの会社を最初に選びましょう。
そして、万一審査に落ちたら、次はもう少し審査のゆるい会社を選んでいく・・・
この順番がはじめてのキャッシング店選びのコツ。この逆は絶対にしてはいけません。